缶々の階

 


缶々の階は、大阪、京都、東京の俳優とスタッフによる演劇創作ユニットです。
2014.2015年初演の『話すのなら、今ここにないもののことを話したかった。今ここにないものの話ばかりしようと思った』を、改作・改題し、出演者を交代して新しい作品としてリニューアル上演します。(『だから君はここにいるのか』
上演が全て終わったら解散します。

缶々の階公演『だから君はここにいるのか』上演予定

※『話すのなら、今ここにないもののことを話したかった。今ここにないものの話ばかりしようと思った』改作・改題
  演目 公演日 会場 出演
せんがわ劇場演劇コンクール
グランプリ受賞
終了 【舞台編】 2022年
5月22日(日)13:00
せんがわ劇場 七井悠・ 三田村啓示
ワーク・イン・プログレス 終了 【舞台編】 2022年 3/30・4/11・ 5/2
難波サザンシアター 七井悠・ 三田村啓示
大阪公演 終了 【舞台編】 2022年 6/17(金)-19(日) 難波サザンシアター 七井悠・ 三田村啓示
ワーク・イン・プログレス
→ご予約 【客席編】 2022年
10/5(水)・11/16(水)

難波サザンシアター 七井悠
関彩葉
ワークショップ →ご予約 【客席編】 2022年
10/5(水)・11/16(水)

難波サザンシアター ナビゲーター:
缶々の階
京都公演 10/1発売開始 【客席編】 2023年
1/13(金)20時   
1/14(土)14時・18時
1/15(日)13時   
THEATRE E9 KYOTO 七井悠
関彩葉
東京公演 3/28発売開始 【舞台編】
【客席編】
2023年
5/29(月)ー 6/4(日)
せんがわ劇場 【舞台編】
三田村啓示
田宮ヨシノリ
【客席編】
七井悠
関彩葉

→webアンケートはこちらから入力ください

→感染症対策について


■稽古日記

■お知らせ



『だから君はここにいるのか』

『話すのなら、今ここにないもののことを話したかった。今ここにないものの話ばかりしようと思った』改作・改題

【舞台編】

舞台は、劇場の公演準備前の舞台。俳優がひとり舞台の上にいると、台本の台詞を正確に喋る見知らぬ男が現れる。それはすでに削除されたはずの台詞だったー。劇に登場しなかった登場人物とその役を演じるはずだった俳優の物語。

【客席編】

舞台は劇場の客席。劇の結末に納得できない登場人物と、人生でたった一度だけ見た劇の再演を待ち望む観客の物語。

脚本・演出:久野那美
出演:三田村啓示・七井悠・田宮ヨシノリ 関彩葉 ※2022年舞台編アナウンス:萩原景子(調布市せんがわ劇場) 
舞台監督:中西隆雄・三津田なつみ
照明:葛西健一
音響:合田加代
舞台美術:久野那美(せんがわ劇場コンクール・大阪公演)・竹腰かなこ(京都公演・東京公演)
演出助手:田宮ヨシノリ・大川朝也(劇団白色)・駒優梨香(企画団体〈世界平和〉)・山木晴香(劇団六風館)
制作:竹内桃子(匿名劇壇)・若旦那家康(コトリ会議))
主催:階
企画・制作:缶々の階
協力:調布市せんがわ劇場
文化庁「ARTS for the future!2」補助対象事業


京都公演『だから君はここにいるのか』【客席編】

■脚本・演出:久野那美

■出演:七井悠(三日月を背にする男) / 関彩葉(A-5の女)

■会場:THEATRE E9 KYOTO

(交通アクセス:JR 京都駅 八条口から徒歩約14分/東福寺駅から徒歩7分) ※京都府京都市南区東九条南河原町9-1

■日時:2023年
1/13(金) 20:00    
1/14(土) 14:00 / 18:00
1/15(日) 13:00

※開場は開演30分前。受付は開演の45分前より。
※ご来場順に入場頂きます。
※上演時間約60分

■料金

※早割→2,500円(※10/1~10/31販売予定)

早割終了以降(11/1~)は↓
一般 3,000円
22歳以下:1,500円
リピート割:1,000円 2回目以降のご観劇


■チケット
THEATRE E9 KYOTOの公演サイトよりお申込み



 

 

第12回せんがわ演劇コンクールグランプリ受賞作

大阪公演『だから君はここにいるのか』【舞台編】

<終了しました。ありがとうございました。>

■脚本・演出:久野那美

■出演:七井悠(缶コーヒーを持つ男) / 三田村啓示(ヒーローに見えない男)
アナウンス:萩原景子(調布市せんがわ劇場)

■会場:難波サザンシアター

(JRなんば駅OCATタクシー乗り場より徒歩5分) ※大阪府大阪市浪速区稲荷1丁目5-41 湊町ビル 地下

■日時:2022年
   6/17(金) 20:00    
   6/18(土) 11:00 / 15:00
   6/19(日) 14:00 / 18:00

※開場・受付は開演の30分前より。
※ご来場順に入場頂きます。
※上演時間約45分

■料金

※早割→2,200円(6/6迄)※電子チケット

6/7以降は↓
一般 2,500円(6/7~開演3時間前まで)
18歳以下1,500円(6/7~開演3時間前まで)

※ご予約の上当日受付にてお支払い

■チケット
こちらからご予約の上当日受付にてお支払いください-->




ワーク・イン・プログレスのご案内

 

会場難波サザンシアター (JRなんば駅OCATタクシー乗り場より徒歩5分)
※大阪府大阪市浪速区稲荷1丁目5-41 湊町ビル 地下

2022年3月より、大阪市の難波サザンシアターにて、W.I.P(ワーク・イン・プログレス)を行います。

缶々の階は、コロナ禍における演劇創作活動のひとつの方法として、<創り始めた作品を観客の前に存在させる機会を増やす>ことを考えています。誰がいつ感染してもおかしくない世界で、演劇公演が<運よく上演できるか運悪く中止になるか>の2択という状況に抗いたいと思うのです。

せんがわ演劇コンクール本選参加(確定)後、舞台編大阪公演、客席編京都公演を計画しております。感染症拡大状況、関係者の健康状態、公演予算の問題、が解決したものから順に決定次第情報公開し、実施に向けて動いていきます。が、不運にも、その全てが叶わない場合も、<創作現場そのものを公開する>という方法で、創り始めた作品を観客の目の前に存在させる機械をW.I.P(ワーク・イン・プログレス)の形で設けたいと思います。
W.I.Pは、期間をあけて数回行う予定です。中止になっても日程を変更して行うことができるよう、公演準備に時間のかかる要素を取り除いた形で公開します。(戯曲と俳優の身体のみで行う創作の過程-稽古の過程-を見て頂く形です。台本は持っていたりいなかったり。)

※演劇のワークインプログレス公演とは、「演劇の創作過程を作品として公開する」手法のことです。創作現場で何が起きているのか、この先どのように変化していくのか、クリエーターと同じ目線で作品をご覧ください。


W.I.Pのご予約はこちら

※感染症拡大状況等により中止や人数制限をする場合があります。
ご予約は既定人数に達し次第終了いたします。必ず事前にご予約ください。


W.I.P. Ver.1第1回【舞台編】<終了。ご来場ありがとうございました>
2022年3/30日(水)19:30-21:30

料金:1000円(当日受付にてお支払い下さい。その時点での最新上演台本付)



W.I.P.Ver.2第2回【舞台編】<終了。ご来場ありがとうございました>
2022年4/11日19:30-21:30

料金:1000円(当日受付にてお支払い下さい。その時点での最新上演台本付)



W.I.P.Ver.3第3回【舞台編】<終了。ご来場ありがとうございました>
2022年5/2日(月)19:30-21:30

料金:1000円(当日受付にてお支払い下さい。その時点での最新上演台本付)



W.I.P.Ver.4第4回【舞台編】<終了。ご来場ありがとうございました>

※東京公演Ver.(三田村啓示・田宮ヨシノリ)
①2022年7/24日(日)19:30-21:30
②2022年7/26日(火)19:30-21:30

料金:各回1000円(当日受付にてお支払い下さい。その時点での最新上演台本付)
課題:俳優が変わることで作品はどう変わるか。



W.I.P.Ver.5第5回【客席編】七井悠・関彩葉 2022年10/5(水) 16:00-18:00

料金:1000円(当日受付にてお支払い下さい。その時点での最新上演台本付)
課題:未定。



W.I.P.Ver.6第6回【客席編】七井悠・関彩葉 2022年11/16(水) 19:30-21:30

料金:1000円(当日受付にてお支払い下さい。その時点での最新上演台本付)
課題:未定。


演劇ワークショップのご案内

 

会場難波サザンシアター (JRなんば駅OCATタクシー乗り場より徒歩5分)
※大阪府大阪市浪速区稲荷1丁目5-41 湊町ビル 地下

コロナ禍で暫く中止していたワークショップを再開します。
『だから君はここにいるのか』の台本を使って、俳優と演出家と一緒に作品の中のシーンを創ってみます。演劇に興味がある方、缶々の階の創作に興味のある方、ぜひ缶々の階の稽古場を体験しに来てください。

演劇ワークショップのご予約はこちら

※感染症拡大状況等により直前に中止や人数制限をする場合があります。
ご予約は既定人数に達し次第終了いたします。必ず事前にご予約ください。
※料金は当日受付にて現金でお支払いください。


ワークショップ vol.1<終了。ご来場ありがとうございました>
■2022年7/24日(日)13:30-15:30(受付:13:20~)
料金:1500円(※18歳以下無料)

ワークショップ vol.2<終了。ご来場ありがとうございました>
■2022年7/24日(日)16:30-18:30(受付:16:20~)
料金:1500円(※18歳以下無料)


ワークショップ vol.3<終了。ご来場ありがとうございました>
■2022年7/26日(火)13:30-15:30(受付:13:20~)
料金:1500円(※18歳以下無料)

ワークショップ vol.4<終了。ご来場ありがとうございました>
■2022年7/26日(火)16:30-18:30(受付:16:20~)
料金:1500円(※18歳以下無料)

ワークショップ vol.5
■2022年10/5(水)19:30-21:30
料金:1500円

ワークショップ vol.6
■2022年11/16(水)16:00-18:00
料金:1500円

 

第12回せんがわ演劇コンクール『グランプリ』受賞公演

東京公演『だから君はここにいるのか』【舞台編】【客席編】

■脚本・演出:久野那美

【舞台編】三田村啓示(ヒーローに見えない男)・田宮ヨシノリ(缶コーヒーを持つ男)

【客席編】 七井悠(三日月を背にする男)  関彩葉(A-5の女)

■会場:調布市せんがわ劇場

交通アクセス:京王線仙川駅から徒歩4分

(〒182-0002 東京都調布市仙川町1-21-5)

■日時:2023年
 5/31(金)
 6/1(土)
 6/2(金)
 6/3(土)
 6/4(日)

※開場は開演30分前。受付は開演の45分前より。
※ご来場順に入場頂きます。
※上演時間各編約60分(間10分間休憩)

 

<その他公演情報については2022年12月末ごろ掲載予定です>

 

 

 

 

 

 

 

第12回せんがわ演劇コンクールグランプリ受賞作凱旋公演

大阪公演『だから君はここにいるのか』【舞台編】

<終了しました。ありがとうございました。>

■脚本・演出:久野那美

■出演:七井悠(缶コーヒーを持つ男) / 三田村啓示(ヒーローに見えない男)
アナウンス:萩原景子(調布市せんがわ劇場)

■会場:難波サザンシアター

(JRなんば駅OCATタクシー乗り場より徒歩5分) ※大阪府大阪市浪速区稲荷1丁目5-41 湊町ビル 地下

■日時:2022年
6/17(金) 20:00    
6/18(土) 11:00 / 15:00
6/19(日) 14:00 / 18:00

※開場・受付は開演の30分前より。
※ご来場順に入場頂きます。
※上演時間約45分

■料金

※早割→2,200円(6/6迄)※電子チケット

6/7以降は↓
一般 2,500円(6/7~開演3時間前まで)
18歳以下1,500円(6/7~開演3時間前まで)

※ご予約の上当日受付にてお支払い

■チケット
こちらからご予約の上当日受付にてお支払いください-->




出演者紹介

三田村啓示(【舞台編】ヒーローに見えない男) 写真:beni taeko

俳優。主に大阪を中心に活動。
桃園会、劇団太陽族、遊劇体、伏兵コード、突劇金魚などに出演。
第18回関西現代演劇俳優賞男優賞受賞。
@点の階/@匣の階/@Fの階/@点々の階

七井悠(【舞台編】大阪公演:缶コーヒーを持つ男・【客席編】三日月を背にする男) 写真:beni taeko

劇団飛び道具所属。2014年以降、全ての階公演に出演。

田宮ヨシノリ(【舞台編】東京公演 缶コーヒーを持つ男) 写真:beni taeko

1998年生まれ。愛知県出身、京都府在住。179.6cm。
普段はフリーの俳優・劇作家として関西で活動している
/@椅子の階/@点々の階

関彩葉(【客席編】A-5の女) 写真:日比楽那

1999年北海道札幌市生まれ。東京を中心に主に俳優として演劇活動をしている。
近年では、エリア51『てつたう』第12回せんがわ劇場演劇コンクール
ロロ『いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三小学校』
ロロ『Every Body feat. フランケンシュタイン』、ぱぷりか『柔らかく搖れる』などに出演。

スタッフ紹介

脚本・演出:久野那美
劇作家。階代表。兵庫県出身。 大阪府在住。公演毎にユニット名を更新して演劇活動をしている。ウイングフィールド1周年プロデュース・船場サザンシアター3周年公演など。 第4回テアオロ・イン・キャビン戯曲賞 佳作・第5回OMS戯曲賞 佳作・2015年利賀演劇人コンクール奨励賞
@匣の階@Recycle缶の階 @空の階@缶の階@道の階@山羊の階@船の階@箱の階@Fの階@蛸の階@点々の階@椅子の階


舞台監督:中西隆雄
2005年よりフリーの舞台監督として活動。青年団・渡辺源四郎商店などの演劇公演。他にはイベント進行・演出部など @匣の階@Fの階@点々の階


舞台監督:三津田なつみ
@点々の階


照明:葛西健一
京都府出身。京都府在住。元アトリエ劇研スタッフルーム所属。近畿大学舞台芸術学科非常勤講師。幼少時より演劇を始める。近畿大学演劇芸能専攻卒。関西を中心に、ニットキャップシアター・ヨーロッパ企画など様々な劇団の照明デザイナーとして活動。船の階以降階の公演のほぼ全ての照明プランを担当。 @点の階@Recycle缶の階@缶の階@山羊の階@船の階@匣の階@Fの階@蛸の階@点々の階


音響:合田加代
兵庫県出身大阪府在住。株式会社 結音所属。専門学校卒業後、大阪の音響会社にてイベント・コンサート関連の音響業務に従事。 退職後、一般職を経験するも出戻り。現在に至る。缶の階以降、階のほとんどの公演の音響を担当。 @点の階@Recycle缶の階@空の階@缶の階@匣の階@Fの階@点々の階


舞台美術:竹腰かなこ
大阪在住。舞台美術など。昨今の参加作品は、森林浴・コトリ会議・プロトテアトル・冷凍うさぎなど。
@匣の階/@Fの階/@点々の階


演出助手(せんがわ演劇コンクール他):田宮ヨシノリ
1998年生まれ。愛知県出身、京都府在住。179.6cm。普段はフリーの俳優・劇作家として関西で活動している。


演出助手:大川朝也(劇団白色)
1995年生まれ。香川県出身。 愛媛県の工業高等専門学校(所謂『高専』)を卒業後、東大阪にある工場に就職。 学生時代は演劇愛好会に所属しており、正社員を続けながらも演劇を続けたいと考え社会人劇団に入団。 紆余曲折あり2020年より新たに『劇団白色』を立ち上げる。 劇団内外を問わず劇作家・演出家・役者など幅広く活動を行っている。


演出助手:駒優梨香(企画団体〈世界平和〉)
脚本家・演出家・ビデオグラファー。京都市立芸術大学染織専攻を卒業。主に京都で活動。普段は作演、記録映像、演出補佐などで他団体へ参加している。


演出助手・制作助手:山木晴香(大阪大学・劇団六風館)
2002年生まれ。香川出身の奈良育ち。大阪大学文学部2回生。大学から演劇を始め、現在は劇団六風館に所属し、主に制作・音響・映像を務める。 所属劇団にて『なにごともなかったかのように再び始まるまで』の演出を担当。そののち、階への参加を決意して今に至る。


制作:竹内桃子
制作者。匿名劇壇 所属。大分県出身、近畿大学芸術専攻卒。 高校より演劇を始め、大学進学で関西へ。2016年、制作を担当したプロトテアトル「フェスティバル#2」で、短編の書き下ろしを担当した久野と出会う。 @Fの階@点々の階

制作:若旦那家康
制作者。コトリ会議所属。 大阪ショートプレイフェスティバル'06に制作として参加後、演劇公演の制作の他、ワークショップフェスティバルDOORS、多摩1キロフェス、ストレンジシード(静岡)などの大規模演劇祭の企画・制作もおこなう。 @匣の階 @点々の階


新型コロナウイルス感染症対策について

・出演者・スタッフは稽古中から公演終了までガイドラインに従って感染症対策を行っております。
・開場前、終演後に換気をし会場内とロビーを消毒致します。
・舞台と客席は2m以上離しています。



お客様へのお願い

・感染症対策のため、未就学児の入場は原則お断りしています。ご了承ください。
・当日体調の悪いお客様は観劇をご遠慮下さい。
・ご入場前に検温のご協力をお願い致します。
・入退出前、お手洗いをご利用の際は手指の消毒をお願い致します。
・会場内ではマスクを着用し、会話はお控え下さい。
・終演後の出演者との面会はできません。ご了承ください。
・公演後2週間以内に感染者が確認された場合、速やかにご連絡致します。
  (連絡先は階で責任をもって管理し、今後の案内を希望されないお客様の情報は廃棄いたします)

新型コロナウイルスの影響により公演が中止になった場合

・お客様の安全を最優先して公演を中止する場合がございます。ご了承くださいませ。
・すでに入金頂いている場合は、口座へのご返金か配信映像の視聴か、どちらかをお選び下さい。