は、劇作家久野那美の作品上演ユニットです。
公演の都度参加者を募りその度に階を更新します。そして毎回公演終了後に解散します。
「今自分に出来ることを全力でやる」のではなく、「できないかもしれなくてもやりたいならなんとかする」 をモットーにしています。

 神戸アートビレッジセンターにて匣の階公演

2017.9.17-18_イストワール第8話『Port- 見えない町の話をしよう -』
2018.1月『パノラマビールの夜』

 →匣の階公演特設ページ
写真:紅たえこ


■お知らせ


■匣の階員外部公演参加情報


これまでの公演について 久野那美の作品

久野那美の作品

※上演を希望される方はこちらまでご連絡ください
※上演権料無料キャンペーン・・・2017年度中に上演申込みのあった高校演劇の団体様・学生劇団様につきましては、戯曲の上演権料をいただきません。いずれも1時間以内の作品ですので、お気に召しましたらぜひ上演してください。

ひとつの石と二羽の鳥……フェスティバル#2(byプロトテアトル)上演台本
王国……長い物語
小さい物語……短い物語
短編集1〜兎の日〜……兎の日・タツの日・珈琲・時計1999・銀杏・海まつり・兎の休日
短編集2〜ゆうびん〜……ゆうびん・手紙・アンコール・さよなら・靴2000・焚き火
短編集3〜鳩〜……鳩A・電話・洗濯機・かくれんぼ・月食・水族館・鳩B
短編集4〜Tree〜……機械・スイッチ・時計2001・ロケット・わすれもの・Tree
短編集5〜ガソリン〜……おしまいの星・天使が通る・あの時の恋・ラジオ・約束・靴2002ガソリン
『話すのなら、今ここにないもののことを話したかった。 今ここにないものの話ばかりしようと思った。』 【舞台編】45分・男2【客席編】45分・男1女1
『それは、満月の夜のことでした』『猫ひも』女1(各30分)
『海に送った灯』男2女3(60分)
『ここはどこかの窓のそと』男1女2(60分)
『パノラマビールの夜』男3女3(60分)
『たとえば零れたミルクのように』男1女1(60分)

各階のご案内

1997年の箱の階以降、断続的に公演を続けています。

匣の階(2017-8)

イストワール第8話『Port- 見えない町の話をしよう -』
2017年9月17-18@神戸アートビレッジセンター
脚本・演出:久野那美
音響:合田加代(結音)
演出助手:藤谷以優・吉村篤生(劇の虫)
制作:若旦那家康
出演
大西智子(あなざーわーくす)
七井悠(劇団飛び道具)
中村彩乃(安住の地/劇団飛び道具)
三田村啓示(空の驛舎)
プリン松
渡辺裕子
『パノラマビールの夜』
台本 2018年1月
@神戸アートビレッジセンター
脚本・演出:久野那美
舞台監督:中西隆雄
照明:葛西健一
音響:合田加代(結音)
演出助手:プリン松・吉村篤生(劇の虫)
制作:若旦那家康
店主:大西智子(あなざーわーくす)
旅人:七井悠
天文学研究会Q:チェサン
   P:中村彩乃(安住の地/劇団飛び道具)
   L:練間沙(劇団冷凍うさぎ)
   R:藤谷以優

点の階(2017)

『・・・』
2017年1月12日〜15日
会場:京都芸術センター

作:久野 那美
紙袋を持つ男:七井悠
何も持たない男:佐々木峻一
黒い靴の女:中村彩乃
白い靴下の男:三田村啓示
窓の外を見る女:藤谷以優
舞台監督・美術:濱田真輝
照明:葛西健一・根来直義
音響:合田加代
衣装小道具・舞台監督助手:大谷菜々
演出助手:斜あゐり・紅たえこ
制作:にさわまほ・中村美月・斜あゐり・久野那美
宣伝美術:大谷菜々
※点の階お客様のご感想
※点の階の6ヶ月間の稽古場日誌

Recycle缶の階(2016)

『話すのなら、今ここにないもののことを話したかった。 今ここにないものの話ばかりしようと思った。』
→台本
2016年1月7日〜10日
パシフィック・シアター共催公演

作:久野那美
ヒーローに見えない男:太田宏(青年団)
缶コーヒーを持つ男:諸江翔大朗
椅子を並べる男:七井悠
椅子に座る女:中村彩乃
舞台監督・照明:葛西健一
音響:合田加代
舞台美術・舞台監督助手:濱田真輝
演出助手:森田深志・浅田真那
衣装・小道具:大谷菜々
制作:三坂恵美
制作助手:吉本尚加・二澤真帆(同志社小劇場)
宣伝美術:大谷菜々
※Recycle缶の階の8ヶ月間の稽古場日誌
※予告編映像(舞台編/客席編

空の階(2015)

『財産没収』(テネシー.W)

2015年8月1日、利賀演劇人コンクールにて上演。奨励賞受賞。

演出:久野 那美
ウイリー:片桐 慎和子
トム:七井悠
舞台監督:脇田友
照明:根来直義
音響:合田加代
舞台美術:濱田真輝
演出助手:浅田真那
美術助手:大谷菜々









缶の階(2014)

【舞台編】『ヒーローに見えない男/缶コーヒーを持つ男』
【客席編】『椅子に座る女/椅子を並べる男』
→台本
2014年12月13〜16日、27日
船場サザンシアター・ウイングフィールド提携公演。

作:久野 那美
ヒーローに見えない男:太田宏
缶コーヒーを持つ男:諸江翔大朗
椅子に座る女:片桐慎和子
椅子を並べる男:七井悠
舞台監督・照明:葛西 健一
音響:合田加代・藤原圭祐
舞台美術:ステファニー
宣伝美術:杉本奈月
演出助手:杉本奈月、中村一規
制作:浅田麻衣

大阪市WSフェスティバルDOOR8th参加
※毎月1回開催した缶の階WSの記録
※缶の階の8ヶ月間の稽古場日誌
※缶の階お客様のご感想

道の階(2011)

『それは、満月の夜のことでした』
→台本
2011年11月29〜30日
CTT Osaka Trial No.11に参加し、ウイングフィールドにて上演。

作・演出:久野 那美
私:片桐 慎和子
月:








山羊の階(2000)

『ここはどこかの窓のそと』
→台本
2000年12月8〜10日
都住創センターにて上演

作・演出:久野 那美
本を読む女:片桐 慎和子
建物を訪ねる男:カネダ淳
エプロンの女:大西 智子
舞台監督:葛西 健一
照明:葛西 健一
音響効果:久野 那美・中村一規
舞台美術:姉川 あらた
宣伝美術:宝塚 すみれ
演出助手:中村一規
制作:久野 那美、中村一規

船の階(1999)

『海に送った灯』
→台本
1999年9月11〜14日
都住創センターにて上演。音楽劇。

作・演出:久野 那美
海の写真を撮る男:太田 宏(青年団)
海を見ている女:片桐 慎和子
腕章の男:カネダ淳(遊劇体)
白衣の女:辻野 恵子
歌唄い:宝塚 すみれ
舞台監督・照明:葛西 健一(クセノス)
音響効果:狩場 直史(KTカムパニー)
舞台美術:姉川 あらた
劇中歌:宝塚すみれ
宣伝美術:宝塚 すみれ
制作:久野 那美、狩場 直史、柳澤尚樹

箱の階(1997)

『パノラマビールの夜』
→台本
1997年11月17〜18日
神戸entertainment festivalにて上演。演出賞受賞。
台本は翌年第5回OMS戯曲賞佳作を受賞。OMSより出版されている。.

作・演出:久野 那美
旅人:太田 宏
女・人形:豊島 由香(Tarzan group)
Q:穴見 圭司
P:木村 敦子
R:長谷川 倫子
L:松蔵 宏明(桃園会)
舞台監督:穴見 圭司(dracam)
音響効果:大西 博樹
舞台美術:小久保 若菜
照明:佐々木 聡子
宣伝美術:木村 敦子
制作:高見 健二(劇団赤鬼)、辻野 恵子(Tarzan group)

まだ階じゃない(1989)

『たとえば零れたミルクのように』
→台本
1989年9月14〜15日
島之内小劇場にて上演。
台本は同年2月に第4回テアトロ・イン・キャビン戯曲賞佳作を受賞。

作・演出:久野 那美(学園座)
A:背理照吉郎(学園座)
B:宝塚すみれ
舞台監督:吉田信隆(学園座) 照明:桜井(学園座)
音響効果:ぷっつんへそ曲がり(学園座)
宣伝美術:宝塚 すみれ
制作:吉田信隆(学園座)・湯浅宣子(学園座)
協力:関西大学演劇研究部学園座